安全な出会いのために参考にするべきサイトがある

出会い系を探す際、一度は見ておいて欲しいサイトがあります。
それは悪質出会い系の口コミサイトです。

そこは悪質サイトに騙されてしまった人が、それら悪質出会い系の情報を書き込むサイトです。
被害者の声が多々あり、そのやり口、経緯、結果等、非常に参考になる情報と共に、反面教師的な見方もできます。

あのサイトでは優良出会い系だと言われていたのに、 被害者報告が200件を越えている、 何ていうのはよくあります。

たぶん騙されてしまった人は、 その優良だと言う言葉に騙されてしまったのでしょう。
出会い系を良く言うところは非常に多いです。
宣伝しているわけですから、 それを悪く言うわけがないですよね。

それでは本当の情報を得る事はできません。
悪い情報がすべて信用できるとは限りませんが、 あること無い事を適当に宣伝しているところよりかは信用できる、 と思います。

もし出会い系を利用する事があったら、そういうサイトの中を覗いてみて下さい。
参考程度にはなると思います。

よく出会い系サイトを色々まとめて紹介しているサイトがありますよね。
そのようなサイトも全部鵜呑みにするのは危険です。

もちろん中にはちゃんと選んで優良サイトを紹介しているサイトはありますし、 私もいくつもそのような出会い系まとめサイトは知っています。
ですがそのような出会い系サイトばかりではありません。

悪質なサイトを平然とした顔で紹介しているような悪質な出会い系情報サイトもあります。

なのでその辺は自分で判断、美貴分けて安全な出会い系サイトを使うことが重要になってきます。
よく言われているのが安全出会い系サイトはちゃんと会社情報などがかいてある、という事です。
これは事実だと思います。

なぜならば、運営している会社名をはっきりしていないサイトはいつ安全なサイトでないと 訴えられた時にすぐに消えることができるからです。
名前がちゃんと出ていればそんな風にすぐに逃げられませんよね。

そのように安全な出会い系サイトを探すにも方法がいくつかあります。
細かく注意して騙されないようにしましょう。

最新情報

2014年4月11日
安全に出会うには
SNSはメリット多し
SNSで知り合って、仲良くなって実際に遊ぶなんていうのはとっても素敵だ。 メッセージ送受信なども無料だから、出・・・
2014年4月10日
サクラについて
サクラごっこ
世の中思っているよりも飢えている男というのは多いみたい。 昔男は狼なのよ気をつけなさいなんていう歌があったけど・・・
2014年4月4日
安全に出会うには
知り合い方にも品性が必要
SNSで出会いのきっかけを作るのは難しくはありません。 何だっていいんです、 何かコメントを出したらそれに反応・・・
2014年4月3日
安全に出会うには
詐欺の出会い系は暇人の遊び
詐欺の出会い系サイトとあえてメールや電話なんかでやりとりする人達の体験談を読むのはなかなか面白い。 詐欺の恋人・・・
2014年4月2日
サクラについて
サクラってどのくらいいるの?
その出会い系に一体どれくらいのサクラがいるのか。 正直分からないです。 ですが、出会い系まとめなどから類推する・・・

SNSはメリット多し

SNSで知り合って、仲良くなって実際に遊ぶなんていうのはとっても素敵だ。
メッセージ送受信なども無料だから、出会い系サイトを使うよりも高尚で健全な感じがする。
出会い系サイトなんていうのを使うのは負け犬の所業のような気がしないかい?
出会い系サイトを使っている人間に勝ち組の人間が混じっていると思うかい?
思わないだろう?でも、安全にLINE交換ができるSNSならばどうだろうか。
SNSを通して人と知り合うなんていうのは別に不健全な感じがしないだろう?
これがミソだね。SNSでの出会いの健全性ってやつ。
まだインターネットで知り合うということを全て一緒くたにして、不健全だと思っている大人が一定数いるから、SNSで知り合いましたなんていうのは公言しにくいけれど、それでも出会い系サイトで知り合いましたなんていうよりましなわけで。
そもそも、本来人の出会いはどんな場所状況であれ、運命の出会いは偶発的で神のみぞ知るところなわけで、出会い系サイトやSNS等インターネットにも運命的な出会いが無いとはかぎらにのにそういうことは気付きもしないんだね。
SNSで知り合うメリットはいくつかある。
一つはまず出会い系サイトとくらべて健全なことだが、更に無料なのもいい。
出会い系サイトと違ってお金がかかることはない。
あとは出会い系サイトと比べて色々な年代の人がいるのもいい。
出会い系サイトはある程度お金を自由に使える人が多い。
だから当然若い、学生なんかはあまりいない。
SNSはむしろ学生たちこそ熱心に利用しているような印象を受ける。
ただしデメリットもある。
出会い系サイトと違って、現実で出会うつもりのない人も多くいる。
そういう人を口説き落とすのがまた面白いのだが、中には頑な人もいる。
そんな人にはいくら拘泥するだけ時間の無駄だからさっさと次にいくのが良い。
出会い系サイトほど出会うことに熱心でないから、どうしても出会うまでに時間がかかる。
デメリットらしいデメリットはこれくらいだ。
時間をかけて出会うのがどうしても性に合わない人以外はSNSで出会うことをオススメしたい。

サクラごっこ

世の中思っているよりも飢えている男というのは多いみたい。
昔男は狼なのよ気をつけなさいなんていう歌があったけど、狼とも呼べない品のないやつらも随分多いような気がする。
サクラ無し出会い系で見かける、そうした飢えた野郎がみっともないと思った人。
そんな時はプライドのプの字もない野郎どもを手玉に取って遊んでみてはいかがだろうか。
サクラのやることと同じことをやってみるのだ。
これが意外にも面白い。
女の子のフリをして飢えた下品な野郎どもを手の上でコロコロしよう。
インターネット上で女の子のフリをするのはとても簡単だ。
ネットゲーなどでよくある現象だが、女の子のアバターを使い、敬語で喋る。
これだけで女の子だと思われて野郎どもからチヤホヤしてもらうことができる。
インターネットで女の子のフリはこんなにもチョロイ。
ネット上で男が女の子のフリをするのをネカマという。
サクラもほとんどこのネカマであることが多いだろう。
中にはサクラは業者に雇われた女の子だと思っている人もいるらしい。
それはあまりにも無知すぎる。
そんな知識でインターネットを、出会い系を使うのは難しい。
すぐに騙されてお金を絞り取られるか、お金を騙し取られなくても一生女の子と会うことはできないだろう。
出会い系サイトで女の子のフリはあまり旨味がないから面白くない。
非出会い系サイトなんて言われるところでのネカマはなかなかどうして面白い。
女の子のフリをして書き込むだけでバンバン男が釣れる。
たいしたことない書き込みでも釣れる。
むしろ『あ』だけでも野郎どもからメッセージがくるってくらいにはモテる。
あとは適当に冷たくしたりデレたりして相手を持ち上げたり落としたりするといい。
チャットや書き込みなど、文章でやり取りしているうちはなかなかバレるものではない。
それに明らかにネカマっぽい書き込みをしても、性欲に脳みそを支配している男は万に一つの可能性が捨てきれずすがりついてくる。
これをやると、詐欺の出会い系サイトがサクラをやめない理由がよくわかる。
女の子のフリって、男を釣るってチョロい……。

知り合い方にも品性が必要

SNSで出会いのきっかけを作るのは難しくはありません。

何だっていいんです、
何かコメントを出したらそれに反応するとか、
無料出会い系SNSで感想を一言残すとか、そういうのを繰り返して行けば
自然とあっちもあなたの事を覚えてくれます。

そこから徐々にやり取りを始めて、
というのが自然な流れです。

時間は掛かりますが、これが安定したやり方だと思います。

あとは相手があなたの事をどう思うか、です。
こればかりは分かりません、
相手を不快にさせなければ大丈夫でしょう。

空気を読んだ大人の対応、
どんな環境においても好かれる素行だと思います。

実際に会ってセックスしたいだけなら出会い系か風俗ですね。

SNSはそういう出会いを見つけるところではありません。
いえ、見つけるのは自由ですが見つかるかどうかは分からないです。

ただそういう事をされると女性ユーザーが一気にいなくなります。

結局はセックスしたいだけだろ、その点は間違いではありません。
が、仲良くなり方ってあるじゃないですか。

品性があるか無いかの違いですけど、
その差は結構大きい差だと思います。
SNSサイトを使う人なんかはリアルの人付き合いが
嫌になり、ネットで出会いを求め出す、
という傾向があります。
が、長く続けば続くほどネットもリアルも
大した差がない事に気付きます。

人付き合いというのは面倒なものです。

ネットだからと言って相手は同じ感情を持った人間、
楽になるという事はまず無いですね。
余計面倒な付き合いになると思います。

ネットはリアル以上に気を遣います。

相手の顔が分からないですからね、
言葉遣いや声のトーンで相手を察しないといけません。

空気が読めない人には無理ですね。

リアルでも空気の読めない人はキツいですけど。

浅く広い人脈を作りたいならネット出会いでしょうね。
とは言っても、そこから深い関係になる事もありますし
一概にどちらが良いのかは分かりません。

そこは人それぞれでしょう。

出会いが欲しいというか何でもそうですが、
人との付き合いには相手を気遣う心が必要です。
こちらが示せば相手も示してくれます。

示さない人もいるですけどね、
付き合い方を考えた方が良いと思いますよ。

詐欺の出会い系は暇人の遊び

詐欺の出会い系サイトとあえてメールや電話なんかでやりとりする人達の体験談を読むのはなかなか面白い。
詐欺の恋人探し出会い系サイトも結構むちゃくちゃなことを言っているんだけどそれで騙される人がいるのはなんとも嘆かわしい。
詐欺の出会い系サイトの好きな言葉は裁判だと思う。
すぐに裁判裁判と言いだすから面白い。
この手の出会い系サイトとの真っ向勝負体験談でイチオシはやっぱりNumeriだね。
暇なら是非Numeriを見てほしいね。
Numeriなんて俺が高校生だった時代からあったサイトだが、今でも元気そうでなにより。
多少創作くささが鼻につかなくもないが、しかし読ませる文章を書く才能がある。
求心力のある文章なので、読んでいて退屈しない。
テレビでもたまに詐欺の出会い系サイトと対決ー!なんていって夕方くらいに特集が組まれていたりするけど、ああいうのはもっとやった方がいいね。
とういうのも、スマートフォンが普及してきたし、これからもっと広まるだろうし、出会い系サイトの詐欺に騙される人も増えるような気がするんだよね。
だからせめてさ、啓蒙活動とでも思って、あの手の特集をもっとやっていくべきだね。
ネットの体験談なんかを見ているとまだまだ単純な手口に騙されている人が多いみたいだし。
だからどういう手口があって、どういう風に対応すればいいのかというのをもっと知らしめる必要があると思うんだよね。
ネットでも暇人たちはもっと出会い系サイトの業者とやりあうべきだと思うね。
そもそも詐欺の出会い系サイトにしてみれば一々そんな奴にかまっていたくないからね。
金も取れない口うるさい奴にはかまっていたくないからね。
意外とあっさり引きさがったりするわけだ。
勝ちの見えている勝負なんだから暇人はもっともっと闘っていくべきだね。
暇人たちよー、詐欺の出会い系サイトと戦えー。
そして面白いからできればやり取りを録音とかして体験談としてアップロードしてくれー。
詐欺師たちが早く滅びるといいね。

サクラってどのくらいいるの?

その出会い系に一体どれくらいのサクラがいるのか。

正直分からないです。

ですが、出会い系まとめなどから類推すると、その出会い系にサクラが1人いたら
400人はいてる、と言われています。

会員数から分かるんじゃないのか、
あんな出会い系側の都合だけで捏造された会員数になんの
信憑性があるのか、という話です。

会員数なんてあてにはできません。

というか男女の会員数が同等であった場合、
その女性の方はそれだけサクラがいるという意味でもあります。
おそらくホンモノの一般女性はその1000分の1にも満たない
人数しかいないでしょう。

残りはすべてサクラだと考えていた方が良いでしょうね。

そこまで行くとまずもう会えないと思います。

出会い系にサクラはいて当たり前、
という認識をしっかりと持って下さい。

いないわけが無いんですよ。

数は先程も言ったように1人やたら500人はいる、
そう思ってください。

たぶん大袈裟だと思います。
しかし、大袈裟ぐらいがちょうど良かったりしますよね。
それが出会い系という場所になります。

誰もが出会える、
かつてはそんな風に言われていた出会い系。

ですが、今はそういうわけにも行きません。

出会い系で出会えていたのはもう昔の話です。

今の出会い系に出会いを求めてはいけません。
いえ、求めるのは自由なのですが
その期待に応えてくれるかどうかは非常に微妙です。

そこら辺は一度出会い系を使ってみれば
分かると思います。

ネット上では散々な言われようです。

しかしネット上で言われている事は
本当に本当のことなのか。

それを身を持って知るのも個人的には大切だと思います。

実際にやってみない事には何も分からない、
ということです。

出会い系には多くの罠があります。
もちろんあちらは罠にハメる気で罠を張っています。
ネットで出会いを探すこと、それ自体罠かもしれません。

出会い系というところはそんな場所です。

1つ言いたいのは出会い系をそこまで信用しないことです。
出会い系は男女の出会いを探すところではありますが、
絶対に見つかるというところではありませんので。

サクラ満開

出会い系サイトでスゴイ勢いで爛々と咲き誇ってやがるやつらがある。
見事、頭上のそれに見とれて足元の沼に気付かずハマるマヌケがある。
爛々と咲き誇るそいつらの名をサクラという。
本来桜といえば、春の風物詩であるが、人妻出会い系サイトのサクラというものは一年通していつでも咲き誇っている。
とりあえずは今のところは。で、あるが。
今後こいつらが更なるオバケサクラになるか、果たして枯れるかわからないが、しかし今のことろこいつらは枯れる様子はほとんどないように思われる。
サクラというのは女の子の利用者のフリをして、自社サイトで男性利用者にポイントを必要以上に消費させるためにいる利用者のことだ。
当然自社サイトにいるサクラはその出会い系サイトを運営している業者が雇っている。
もう一つ別の業務にいそしんでいるサクラもいる。
女の子のフリをするのは変わらないが、そっちのサクラは他のサイトを練り歩いて、カモを見つけては自社サイトに誘導しているのだ。
こっちのサクラは別に出会い系サイトに限らず色々なところにいる。
例えばSNSや某知恵袋などそういうところに潜んで、何食わぬ顔で自社サイトのステルスマーケティングに励んでいるのだ。
ある程度慣れてくるとこの手のサクラは簡単に見分けられるようになる。
普通のアカウントに比べてなにもかも都合がよすぎるのだ。
プロフィールや写真など、一見とても上玉だが、よくよく考えてみればそんな女の子が出会い系サイトなんて使っているはずがないのだ。
プロフィール写真が可愛すぎる子には注意しよう。
サクラは主に初心者ばかり狩っている。
出会い系サイト童貞ばかりを狩るサクラはまさにチェリーキラー。
チェリーブロッサム(サクラ)がチェリー(童貞)狩りとはこれいかにという感じだ。
なんとも面白い感じの皮肉だが、チェリーたちにしてみれば気が気ではない。
しかし少しずつ騙されたりしてサクラの耐性が付くのもまた一興。
出会い系サイトを利用するのであらばそういうリスクも負わなければいけないといういい経験になるだろう。
そこでリタイアするならばそこまでのヤツだったというまでの話だ。

無難にタダマンすんならSNSじゃね

インターネットで出会いを手に入れられるサイトは別に出会い系サイトばかりじゃない。
出会い系サイトは有料だけど、非出会い系サイトなら無料で出会いが手に入ったりする。
タダマンしたけりゃSNSを使えってな。
モバゲーやグリーは若い子が多いけど、出会い掲示板に厳しいから微妙だわな。
それよりも昔ながらのmixiなんかはいいんじゃないかね。
コミュニティはたくさんあるし、そこで自分好みのコミュニティに入ってオフ会に参加したりすれば簡単にタダマンゴチになれますよって。
出会い系サイトなんて使って金払って出会いを手に入れているようなやつはみっともないね。
金を払わなきゃ出会いを手に入れられないんだもん。
インターネットにゃどこにでも出会いが転がってるのにどうしてそれが見つけられないかね。
わざわざ出会い系サイトでお金を払って御苦労さまだよね。
それで素人の女の子を捕まえた気になっているんだからおめでたい。
お金払って素人も何もあるかい。
しかも中には割り切りなんていって、お金を払ってセックスさせてもらっているみじめなやつもいるらしい。
そこまでするなら風俗にいけよと思うんだけど。
SNSじゃなくても非出会い系サイトと呼ばれるサイトの出会いのほとんどは無料。
非出会い系サイトはタダマンサイトってこと。
だのになぜか出会い系サイトをつかうおっさんたち。
おっさんはまったく時代の流れがわかっていないし、いつまでたってもみじめなまま死ぬよ。
オスとしてのプライドというものは無いだろうかね。
最近じゃ草食系男子なんていうのは持て囃されているけど、肉を喰って女を喰ってオスというのは強くなるわけで。
どうぞ”おあし”をあげるんで喰わせてくださいなんてこんにゃくのプライド。
インターネットがあるんだったらタダマンしろや!
てめえの目の前に、手の中にある機械は飾りかと言ってやりたいね。
出会い系サイトばっかりつかっているようなふぬけは頭がキチガイになっちまうんだろうね。

健全だがコツがいる

出会い系サイトを利用していて、するとどうしてもお金を払って出会うことになるが、そのうちどうにかしてタダで出会えないかなぁと思うのも変な話ではない。
むしろ、無料で出会えたなんていう話は良く聞くところで、だったら自分も無料で出会いを手に入れたいと思うのも自然な流れだ。
しかし恋人サイトを利用しているかぎり無料の出会いというのは手に入らない。
出会い系サイトは効率よく、出会いを手に入れるためにお金を払うサイトだ。
よくあるスマホのゲームみたいなもので、スムーズに進めたければ課金が必要という事だ。
それと一緒で、無料の出会いというのは出会い系サイトに比べたらスムーズにいくとはかぎらないかもしれない。
無料の出会いというのはいわゆる非出会い系サイトというところにある。
出会い系サイト以外のコミュニティサイトその他とにかく全部含めだから非出会い系サイトというくくりはかなり大雑把だ。
非出会い系サイトの例えば一番有名なところでいえばSNSでの出会いが無料の出会いの方法の中では勢いがあるのではないだろうか。
SNSの出会いは、SNSは当然無料なのだからそこで出会えれば無料の出会いだ。
しかし出会うにはSNSをしっかりと腰を据えてやる必要がある。
出会い系サイトのように相手にメッセージを送ってすぐに出会うというわけにはいかない。
SNSでの出会いといえば、友達を増やしていって、そして仲良くなれば実際に遊ぶという形になるので、まずは友達をどんどん増やさなければいけない。
友達を増やすということは一朝一夕でどうにかなるわけない。
だから腰を据えてやる必要があるというのだ。
男女かまわずとにかく友達を増やして、オフ会や、個人的に仲良くなった人と遊ぶ約束をする。
無料の出会いというのは出会い系サイトに比べてとても真っ当で健全だ。
もちろん話の持っていき方によれば十分に破廉恥な出会いも期待できる。
しかし最初からそういうアプローチばかりしていると相手に警戒心を持たれてしまってだめだろう。
出会い系サイトとはまた違う、無料の出会いのコツを習得しよう。

出会い系サイトは釣り堀

無料の出会いを手に入れるためには無料の出会い系サイトを利用すればいいのではない。
出会い系サイトでは無料の出会いは手に入らない。
よく無料のLINE出会いを教えてほしいなんていうのを見かける。
しかし、人に聞いているうちは無料の出会いなんていうのは手に入らない。
無料の出会いというのは自分で見つけ出すものなのだ。
あらかじめ用意されていて、後はテーブルに着くだけなんていうわけにはいかないのだ。
特に出会い系サイトを利用して無料の出会いを手に入れようなんていう勘違いをしているうちはまず間違いなく無料の出会いなんていうのは手に入らない。
ネットでの出会いのなんたるかを心得ずして無料はない。
ネットでの出会いの機微を理解してこそ無料の出会いに辿りつけるのである。
無料の出会いというのはどうしてなかなか健全なものである。
出会い系サイトでお金を払って割り切った関係を築くような不健全なものではない。
ネットでの出会いをそういった不健全なものだと思っているうちは無料の出会いは難しい。
無料の出会いはもっと健全な、出会い系サイトとは差別化されたものだ。
無料の出会いが手に入る場所はいわゆる非出会い系サイトということになる。
出会いの無いところから出会いを発掘するというのが無料の出会いの鉄則だ。
売り物の出会いをお金を払って買うのではなく、野生の出会いを自力で捕まえるのだ。
そのためには野生の出会いの分布しているところに向かわねばならない。
それが非出会い系サイトというところになる。
この狩り場は野生の出会いを手に入れるにはもってこいだ。
出会い系サイトの様に、売り物や、一見狩りに見せた生簀、釣り堀のような出会いとは違う。
そう、釣り堀というのはなんとも良い例えだね。
お金を払って魚がいっぱい泳いでいる生簀にて釣りをする。
しかしタダというわけにはいかない。
タダで釣りをしたければ、自然の川だの海だのにいかなければいけないが、これは釣り人の技量が試される。
そういうイメージを持ってくれるとしっくりくると思う。
無料の出会いを手にいれられるようになるまでは釣り堀で我慢しよう。

一定の不安もコツを掴めば安心

インターネットでの出会いというのは一定の不安がつきまとう。
いざ相手に会うまでには色々な障害を乗り越えなくてはいけない。
乗り越えたように思われて本当はまったく乗り越えていないパターンも多い。
しかしインターネットの出会いというのはコツがあって、出会いの必勝パターンを心得れば比較的安心して出会いまで辿りつくことができる。
最初の内は事あるごとに一喜一憂しては、喜んだり不安になったりすると思う。
しかしやはり慣れというのは大事で、インターネット出会い歴戦のつわものになると、もっと落ち着いて出会いにいたるプロセスを一つずつクリヤしていく。
まず最初に大事なのは、相手が本当に異性であって、そしてイタズラやサクラなどの業者ではないことを見極めるということ。
インターネットでは顔が見えないから、相手が本当にプロフィール通りの人間なのかわからない。
プロフィールに写真を載せていたとしてもそれが本物である確証はない。
初心者にありがちな、これを過信しすぎるとあとでガックリすることになる。
つわものはこの辺もわきまえている。
相手が果たして本当に異性だとわかるまでは決して態度を軟化なんてさせない。
あくまでビジネスライクに一つずつ相手の衣を剥がしていく。
その一番手っ取り早くて有効な方法というと通話である。
通話であればアッという間に相手の性別が判明するだけでなく、相手の性格や雰囲気までも知ることができる、一石二鳥三鳥の必殺技なのだ。
これをかたくなに断る人間は怪しいと言わざるを得ない。
そういう人間は惜しまず切ろう。
インターネットにはたくさんの人がいるから、一人の人に拘っていてもしょうがない。
しかもそれがイタズラのネカマやサクラなんかだったらそれこそ時間の無駄だ。
相手の素性が判明してきて、信用たりうると判断できて初めて態度を軟化させるべきだ。
それまではどこか、一歩後ろに引いたところから接するように心がけよう。
まずは場数を踏んで、インターネット出会い歴戦のつわものを目指そう。
その経験は間違いなく人生を豊かにすることうけあいだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ